ブログ

おもしろ同人誌バザール7参加してきました。

 

またまたイベント参加報告です。

今回は以前も参加させていただいた「おもしろ同人誌バザール」です。

 

■今回は六本木で

今回は何と言っても六本木でやりました。

六本木という町は、結構思い出がある街でして、会社を辞めた後は六本木にあるベンチャー企業でバイトしたり、最近は舞台「みみばしる」の関係で何回か六本木ヒルズにあるJ-WAVEに行ってました。

恐ろしく都会のイメージがある六本木ですが、会場であるベルサール六本木は駅チカながらなかなか落ち着いた場所にあり、リラックスして参加できました。

 

■新刊とまではいかないが

折角参加するのだから新刊を、ともくろんでいましたが、不発に終わりました。

原因としては前回の「眩惑の透かしブロックパート2」を制作してから、新種の透かしブロックがあまり見つからなかったこと、そして私の舞台出演で時間がなかったことが原因です。

という訳で新刊とまではいかなかったですが、直前の母親の彦根遠征にて発見された新種等を掲載したコピー本を作成しました。

題して「眩惑の透かしブロックパート2.5」

表紙の色は黄色にしてみました。

といってもフルカラーで制作できたのは10部ちょっとで、残りの50部は白黒になってしまいました。(予算と時間の関係)

 

■相変わらずクリアファイル人気

今回もクリアファイルが人気でした。

女性の方にはカワイイ~とよく言われたり、クリアファイルだけ買っていかれる方もいたり。

デザインした身としては嬉しいですね、こういったコメントを頂けるのは。

 

■ご家族そろって

今回のハイライトはやはり、4歳の男の子でしょう。

BOOTH経由でメッセージのやり取りをしていたご家族が、六本木まで来てくれたんです!

透かしブロック、ブロック塀が大好きだという4歳の男の子、そしてご両親。

男の子は2歳のころからブロック塀に興味を持ち始めたそうです。

 

もう出会えただけで感動でしたが、なんと電子版として無料公開していたパート1をプリントアウトして持ってきてくれました。

お母さまから聞くところによると、その子は毎日そのパート1を見ているようで、本当にヨレヨレになっていました。

いやあ、嬉しいですね。

あんなにヨレヨレになるまで見てくれるなんて。

 

そしてあまりに男の子が透かしブロックに夢中だったので、展示していた「ブロック塀を探して」をプレゼントしました。

この「ブロック塀を探して」は、「眩惑の透かしブロック」を作る前に大判ハードカバーで制作した、本当の意味でのブロック塀写真集第一号です。

コストがかかるため展示用としてしか使用してませんでしたが、男の子があまりにも興味津々でしたので差し上げました。

いやあ、いい出会いでした。

形に残して、発信しててよかったなと心から思いました。

マニアフェスタVol.2参加してきました。

 

だいぶ前の事になりますが…

2/17(日)、秋葉原で行われた「マニアフェスタ」というイベントにブロック塀研究会として参加してきました。

と言っても私は絶賛舞台期間中でしたので、会長である母親とその友人に参加してもらいました。

とても盛り上がったということでレポートしていこうと思います。

左が母親、右がご友人です。

 

■極上マニアが結集するフェスタ

このマニアフェスタ、その名の通り多くのマニアが集まるイベントのようです。

ゴムホース、片手袋、公園遊具、そしてシャッターマニア等…世の中にはいろいろなマニアがいるんですね。

2/16、17の二日間開催され、場所は秋葉原にあるアーツ千代田3331。

 

■客層は若め

参加した母親によると、お客さんは割と若めの方が多かったとのことです。

そしておもしろ同人誌バザールと比べて話しかけてくれるお客さんが多かったとのこと。

マニアフェスタはおもしろ同人誌バザールと違い、入場料があったり、同人誌メインでなくてもよかったり、色々違うのでそこがまたイベントとして面白いですね。

 

■クリアファイル依然人気

クリアファイルが断然人気だったそうです。

たしかにブロック塀写真集よりはなじみやすく、実用性もありますよね。

 

■マニア最高

私自身行けなかったのは残念ですが、やっぱりマニアってのはイイですね♪

人が好きなものに熱中するパワーってすごいです。

特にこれ、母親が買ってきたシャッターマニアの方の写真集面白かったです。

路上観察は楽しいですね、やっぱり。

 

セメント製の便器

 

毎度おなじみ秋田の「佐々木ブロック」さんからセメント製の便器が送られてきました。

実はだいぶ前にお送りいただいたのですが、ふじいブロック「舞台出演」の関係で長らく記事に出来ないでいました。

佐々木ブロックさんすみません…そして毎度有難うございます。

 

■セメント製の便器

いやあ…見事なセメント製の便器です。

あんまり便器ってまじまじと観察したことなかったですが、改めて見ると洗練されたデザインですよね。

シンプルで無駄のないデザイン。

すこしボブスレーっぽいですね。

恐らく原型も粘土で手作りされていて、結構手間がかかったのではないかと思います。

感服です。

 

 

■便器とうんこ

さすが佐々木ブロックさん、以前お送りいただいた「セメント製のうんこ」と合わせるとサイズ感ピッタリです!

ミニチュアのせいか、「うんこと便器」という組み合わせでもキュートなオーラを放ってます。

お洒落なオブジェと化してます。

 

 

■小物入れ

うんこ以外にも色々な小物を入れてみました。

 

※ギターピック

※Minty’s Designからもらった透かしブロックキーチェーン

※ミニチュアブロック

 

■海を越え

インスタには届いた日に写真をアップしてまして、おなじみMinty’s Designの彼から「bedpan(おまる)か?」とコメントが付いてました。

(ちなみに彼のことはアメリカの透かしブロック兄弟と呼んでいます)

この便器は和式便器ですから、アメリカ人の彼には分からないかな?なんて思ってましたが、伝わるもんですねぇ。

 

View this post on Instagram

 

蛇と便器。 佐々木ブロックさんより。 #透かしブロック #ブロック塀 #breezeblocks #cinderblock

ふじいブロックさん(@fujiiblock)がシェアした投稿 –


佐々木ブロックさん、いつもありがとうございます!!

舞台「みみばしる」東京公演終わりました。

 

ブロック広場の管理人、ふじいブロック出演の舞台「みみばしる」東京公演終わりました。

主演の本仮屋さんをはじめ、周りの出演者・スタッフの皆さんが素晴らしく非常に充実した初舞台になりました。

そして私が俳優を志す決定的なきっかけ、松田優作さんがライブを行った本多劇場での舞台ということで常に興奮していました。

東京公演の千秋楽は立ち見でごった返す大盛況、ご来場いただいた皆さん本当にありがとうございました。

 

※画像は共演の鈴政ゲンちゃんのTwitterより

東京公演は終わりましたが、今週末には福岡、次の週末には大阪で公演があります。

お近くの方ぜひいらしてくれると嬉しいです。

ブロック活動もぼちぼち再開していこうと思います。

 

福岡:久留米シティプラザ 久留米座 2/23,24

大阪:近鉄アート館 3/1-3/3

・みみばしるホームページ:https://mimibashiru.com/

・みみばしるTwitter:https://twitter.com/mimibashiru

 

 

 

「どうつくるどうじんし」で紹介されました。

 

■紹介されました!

キャノンさんの運営する「どうつくるどうじんし」というサイトにて、「おもしろ同人誌紹介 親子で制作した「眩惑の透かしブロック パート2」」というタイトルで記事にしていただきました。

ブロック塀に興味を持ったきっかけ、親子で活動していることについて、今後の方向性などについて話しました。

こうして自分たちの活動が取材されるのは嬉しいですね。

クリエイター冥利に尽きます。

 

■初取材

取材されるというものは気持ち良いものですね。

取材内容について一番詳しいのは自分(母親含め)ですから、いくらでも話せます。

そもそもブロック塀活動についてここまで質問されたことは無かったものですから、嬉しかったです。

 

■私のアパートで

取材場所は制作現場が良いということで、カフェや貸しオフィスではなく私のアパートでやりました。

もともと狭いアパートなので、取材前日に大掃除をしました。

カメラマンの方には上手い具合に生活感を消してもらってます。

母親とのツーショットも初めてな気がします。

 

■「どうつくるどうじんし」

「どうつくるどうじんし」はキャノンさんが運営する同人誌応援サイトで、「同人誌とZINEを楽しむための情報をお届けする」とのことです。

ページの更新日時がすべて2018/12/25になっているので、最近できたサイトの様ですね。

姉妹サイトである「おうちで作る同人誌」をみても、キャノンさんは同人誌応援に力を入れているようです。

 

■某テレビ番組…

じつは取材依頼は他にも来ていて、その一つが地上波某テレビ番組です。

スケジュールの都合上、少し止まってますがこっちの方も実現するといいなあ。

 

あ、あけましておめでとうございます。

セメント製のう○こ

毎度おなじみ、秋田の佐々木ブロックさんから試作品が届きました。

今回はなんと、セメント製のう○こです。

■鏡餅が…

以前の記事でセメントの鏡餅がう○こっぽいと書いたところ、今回は本当にう○こを送ってくださいました。

結構リアルというか、本物のう○こにはない独特の不気味さを放っています。

セメントの色も相まってちょっと白蛇っぽい?とも思いました。

不気味さはそこから来ているのかもしれません。

■灰色の前衛芸術

セメント製のうんこを目の前にし、ただ不気味がっているだけでは、折角の佐々木ブロックさんの努力を水の泡にしてしまいます。

眼前に鎮座するこの灰色の前衛芸術から何か学ばなければ、そう私は強く心に思いました。

■便器…?

という訳で今回はう○こでしたので…次は便器はどうでしょう。

いえ、特にリクエストという訳ではないのですが。

もうこうなったら私の方でもいろんなものを型取って、セメントを流し込んでみようかなと思います。

■ちなみに

佐々木ブロックさんのサイト、最近ミニチュアのページがとても充実してます。

様々な試作品が掲載されており、見ていて楽しいです。

「動物病院の受付にいかがですか?」の試作品は欲しいなと思いました。

ぜひアクセスしてみてください。

http://www.sasakiblock.com/Miniature.html

Twitterの反応パート2

 

前回の記事の反応が良かったので今回はその続編です。

 

■ゴロゴロしながら

たしかに途中から読んでも問題ないので、ゴロゴロと気の向くままに読めるのも魅力ですね。

 

■感嘆符

こんなにビックリマークを付けて頂いて、さぞかし興奮されていることと存じます。

ありがとうございます。

 

■ちらっと

おそらくバザールに来てくださった方でしょうか。

しっかり読むと案外時間がかかるんですよね。

 

■研究会に関する

研究会の存在が取りざたされています。

 

■またもや

研究会といっても私と母親だけですが…(笑)

 

■奇特なお方

ブロック塀を壊してしまうということで、写真を送ってくれました。

その後「さくっと」壊されたのでしょうか。

 

■やばい

こんなにやばがってくれて私もやばい気分です。

 

■ロマン

透かしブロックはロマンとまでおっしゃっています。

確かに新種の透かしブロック探しは永遠に終わらないロマンです。

 

■ミニチュア

この方、わかっていらっしゃる。

ミニチュアのブロックは積んでこそ楽しいのです。

 

■鉄筋

現在、透かしブロックは縦横斜め、どの方向にも連続使用してはいけないようです。

横にずら~っと透かしが並ぶブロック塀はもう作れないのですね。

 

■歩き始めたころから!?

透かしブロック界に神童現る。

歩き始めたころから透かしブロックに興味があるとはすごいですね。

将来はぜひとも透かしブロック研究でノーベル賞を取ってほしいです。

親子で透かしブロック探索は楽しいですよ。

 

■嬉しい写真

これほどまでにのめりこんでいただいて、こちらも感激です。

私のパターンとは逆に、息子様からお母さまに透かしブロック好きが伝染したようです。

 

■❤❤❤

クリアファイルの人気は依然として高いです。

先日友人に10部買ってもらったのですが、友人のお母さまが気に入って半分持って行ったそうです。

二人でコメントしていると自然と会話調になるんですよね。

 

■舞台

そうなんです、わたくしふじいブロック来年二月舞台「みみばしる」に出演します。

松田優作さんを目指して役者になります。

お会いできるのが楽しみです。

 

■版元ひとり氏

おもしろ同人誌バザール企画者の版元ひとり氏に紹介いただきました。

版元ひとり氏は確かデュオだった気がします。

 

■未来へ

こうして皆さんのご意見を見るのは楽しいですね。

今後の活動、グッズ制作に活かしていこうと思います。

ちなみに今は透かしブロックタオルハンカチ制作をひっそり計画してます。

年明けから三月の初めまでは99%舞台漬けになるので、それまでにデザイン案を練っておきます。

Twitterでの反応


■Twitterの恩恵

11月のおもしろ同人誌バザールで一躍話題になった「眩惑の透かしブロック パート2」。

ありがたいことにバザール参加後もネットで多くの方に注文いただきました。

どうやらTwitterで多くの方に拡散していただいたのが功を奏したようです。

という訳で今回はTwitterでの皆さんの反応をまとめていきたいと思います。

 

 

■全てはここから

まずは五月雨せつなさんに紹介していただいたツイート。

分かりやすく魅力を伝えて頂いています。

いわゆる「バズった」ツイートで、8500リツイート超えてます。

 

 

■純粋賛辞

ありがとうございます。

 

 

■カレー食いたくなってきました

アカウント名が秀逸です。

 

 

■猛烈に

開催前から、しかも猛烈にチェックしていただいていたとは。

正直透かしブロック好きはネットでは結構見かけるので、ここまで注目されるとは思っていなかったです。

「ああ、ブロック塀ね」くらいの反応かと思っていました。

 

 

■予想外に

親子で作っているということに驚かれているという方も多かったです。

 

 

■ニコニコ動画を参考に

コメントが面白いと言ってくださる方も多く、嬉しかったです。

ニコニコ動画の隆盛を見て、コメントは絶対入れようと思っていました。

 

 

■知名度は重要

まずは多くの人に活動について知ってもらいたいということでパート1は無料公開してあります。

このサイトの眩惑の透かしブロックのページでも読めます。

 

 

■手にとれる

なんでも電子化される昨今、ホームページで画像で公開するだけでは物足りないので、手にとれる冊子にこだわりました。

 

 

■ミニチュア

バザール会場にミニチュアを置いておいたら結構興味持って下さる方が多かったです。

カラフルな樹脂でも作ってみたいですね。

セメントだとお子さんが手にしたときとか不安なので。

 

 

■うんの氏

ブロック塀研究会のメンバーは会長の母親と副会長の私だけです。

売り子のうんの氏は大学時代のルームメイトです。

 

 

■ありさちゃん

来年二月、舞台で共演するありさちゃんが前触れもなく来てくれました!

この時ばかりは驚きました。

みみばしる(https://mimibashiru.com/)、皆さんぜひ来てください!

 

 

■とりあえず

とりあえずやってみる、私のモットーです。


 

 

■母親のツイート

第一校段階では「透かしブロックカタログ」というタイトルでした。

この時の表紙はなかなか渋いですね。

MintyがT-shirt着てくれました。

 

なんとMinty’s Designの彼がふじいブロックデザインの透かしブロックTシャツを着てくれました!

 

View this post on Instagram

 

Loving my new shirt made by @fujiiblock, my breeze block brother in Japan #breezblocks #breezeblocks #midcenturymodern #modernismarchitecture #modernism

Minty’s Designさん(@mintysdesign)がシェアした投稿 –

先日は写真集とクリアファイルを送りましたが、やはりT-shirtも送らないと!と思って仲良くしているMintyに送りました。

本当は買ってくれるということだったんですが、海外からだと色々購入の手続きが面倒なので今回は特に何ももらわず送りました。

Bitcoinがはやく普及してほしいです。

そして、”my breeze block brother in Japan”とは嬉しい表現ですね。

透かしブロック兄弟として、世界を股にかけてブロック塀活動をしていきたいと思います。

 

倒壊を支えるブロック塀

先日、ある用で全国建築コンクリートブロック工業会(https://www.jcba-jp.com/)の方とメールをしていたら、上の画像をお送り頂きました。

2016年に起きた熊本地震の際、ジェネスプランニングの三舩様という方が撮影されたものです。

倒壊する家屋を支えるブロック塀、なかなか緊張感のある写真です。

 

■倒壊を防ぎ避難路を確保する

これを見ると、多くのブロック関係者が言う「ブロック塀は建物の倒壊を防ぎ避難路を確保する」、という言葉の意味が分かります。

ブロック塀が家屋を支えることで倒壊を防ぎ、それにより手前の道路が確保され避難路になる。

たしかにこれはフェンスでは不可能な事ですね。

 

■溶岩

工業会のサイトには、溶岩の流れを遮ったブロック塀の写真など、まだまだ興味深い写真がいくつかありますのでぜひご覧になってみてください。

https://www.jcba-jp.com/dictionary/relieved.php

 

■初めて見る透かし

ちなみに透かしブロック好きとしては、扇の亜種の様な透かしブロックにどうしても目が行ってしまいます。

扇の中に何か骨組みの様なものがありますが、ひょうたんにもこのパターンはありましたね。

 

BOOTH「眩惑の透かしブロック パート2 クリアファイルセット」